【光が死んだ夏】のあらすじや見どころ紹介!

ホラー・オカルト

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています




 単刀直入に言おうッ!【光が死んだ夏】の漫画紹介を開始するッ!





こんな人におすすめ
  • 和製ホラーが好きな人!
  • ブロマンス(BLっぽい感じ)が好きな人!
  • チェンソーマン的な雰囲気が好きな人!
スポンサーリンク

【光が死んだ夏】のあらすじ・概要

一週間ほど行方不明になっていた幼馴染のが帰ってきた。何事もなかったかのように光と日常を過ごす主人公・よしき。顔も声もしゃべり方もすべて以前の光と変わらない。しかしヨシキは気づいてしまった。この光は、光の姿をした別の「ナニカ」であることを……。

作品情報

『ヤングエースUP』(KADOKAWA)にて2021年から現在にかけて連載中の作品。作者はモクモクれん先生。このマンガがすごい!2023オトコ編1位に選出。既刊4巻(2023年現在)。

 

【光が死んだ夏】の登場人物

辻中 佳紀(よしき):物語の主人公であり光の幼馴染。勉強の成績が良く、クレーンゲームの上手い陰キャ。光のことがLOVEすぎる黒髪男子高校生。

ヒカル:よしきの幼馴染である忌堂光(いんどうひかる)の体を乗っ取った正体不明の「ナニカ」。自分でも自分がナニモノなのかよくわかっておらず、色々と謎に包まれているやべー存在。ヒトとして生きるのが楽しいらしく、とりあえずよしきと一緒に学校生活を送っている。

巻 ゆうた:よしきとヒカルのクラスメイト。元気いっぱいわんぱく系野球部男子。

山岸 朝子:よしきとヒカルのクラスメイト。霊感の強い家系に生まれ、霊を見ることは出来ないが存在を「聞く」ころが出来る。身長170cmと女子にしては高めで、癖毛に悩む天真爛漫な女子高生。

田所 結希:よしきとヒカルのクラスメイト。黒髪二つ結びのしずかちゃんスタイル。見た目的に委員長キャラだと思ったら全然そんなことなかった。

暮林 理恵:霊感ある系おばさん。ちょっとぐらいの霊なら祓える模様。ヒカルとの関係に悩むよしきの良きアドバイザー的存在。

田中:怪しさ満点のサングラスマン。性格は飄々としていてつかみどころがない。結界を張ったり霊に追跡させたり高度な術を使える有能。

【光が死んだ夏】の見どころ

ここが推しPOINT
  • 「ヒカル」の得体の知れなさが怖くも面白い!
  • 2chの「洒落怖」的な面白さがある!
  • キャラ同士の掛け合いが面白い!

「ヒカル」の得体の知れなさが怖くも面白い!

二重(ダブル)ショック!!幽霊なんかに出会うよりも もっと奇妙な遭遇…という感じで行方不明になっていた親友・光と再会を果たしたよしきだったがそれも束の間、光の中に別の生き物が住んどるやん!ということが一話目数ページの超序盤で明らかになる。しかも生き物っていうかゴリゴリの化物で、ヘルシングのアーカードみたいにアメーバ状に変形するじゃあないか。

そんなわけで冒頭から読み手は「なにこいつ、やば」と衝撃を受ける。しかもそんなバレ方なん?というぐらい速攻で「ヒカル(生前の光と区別する為、便宜上こう記述します)」の正体を看破するよしき。普通ならこういう場合、なんて化物なのと恐怖するだろう。でもよしきは……「ヒカル」のこの行動を……『どちらにせよ光はおらんのや…それやったらニセモンでもそばにいてほしい…』……―――と思った…。

光への愛ゆえに「ヒカル」を受け入れるよしき。光のことめっちゃ大切に想ってたんやね…。切なすぎるよ。

しかしこの「ヒカル」、正真正銘のクリーチャーであるうえに人の生き死にに対する倫理観がバグっているという哀しきモンスターだった。生命の重さみたいなものをまるで理解しておらず、自分の正体に迫る者は容赦なく排除しようとする寄生獣の初期ミギーみたいな冷酷さを持っている。

なのに、映画を観て泣いたりよしきに愛情表現を示したりと、人間らしい感情もあったりするから厄介なのだ。面食らいつつもとりあえずよしきが手綱を握る関係になるが、どこで「ヒカル」が暴走するかわからない、そんな危うさが作品の緊張感を高めている。

2chの「洒落怖」的な面白さがある!

皆さんは「洒落怖」というものをご存知だろうか。2chのオカルト板にあるスレッド「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」の略称である。ホラー好きなら夜を徹して読むほど面白い話がごろごろ転がっているスレッドで、「肝試し的なノリでやべーとこいったらなんかとんでもない封印を解いちゃった→事情を知ってる親とかお坊さんがブチ切れ」みたいな流れの話が多い。先祖代々の怨嗟や呪いの塊が現代に解き放たれるという、和製ホラーの王道である。

本作でも「ノウヌキ様」とか「儀式」とかそれっぽい単語がよく出てくる。しかも舞台が東京みたいな都市じゃなくて地方(調べたら三重らしい)が舞台で、忌堂家(光の家系)が昔なんかやっちゃったらしい。こいつは過去の因縁の臭いがプンプンするぜーッ!って感じである。

「ヒカル」が現れてからというもの、町で怪奇現象が頻繁に起きるようになり、よしき達も幾度となく巻き込まれることになる。これってなんでなの?「ヒカル」自身もわからない「ヒカル」の正体って何?大きく分けてこれら二つの謎を追っていくミステリー要素と、悪霊が襲ってくるホラー要素。これがめっちゃ面白くてブログ主は一気読みした。

キャラ同士の掛け合いが面白い!

ストーリーの概要だけ見るとホラーだし田舎の話だし、暗~い雰囲気を想像するかもしれないがそんなこともない。キャラ同士の掛け合いの妙があり、関西弁ということもあってかテンポがすごく良い。また、絵やノリに『チェンソーマン』や『進撃の巨人』感があってこの二つの作品が好きな人は相性が合うのではないかと思う。

そしてよしきと「ヒカル」の関係性にちょっとだけエッチなとこがあって、BL的要素もある。キスとかそういう直接的な表現はないんだけど、そこはたとなくエロい…そんなシーンが好きな人にもオススメだ。

【光が死んだ夏】をお得に読む方法は?

①ebookjapanに無料登録する

ebookjapanは取り扱い冊数がマンガを中心に80万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービス。セールをはじめとした多彩なキャンペーン、全巻読み放題等の独自施策を実施しており、今なら初回ログインの方限定で最大6回使える70%OFFクーポンを配布中です。(※一部対象外の商品あり・初めてのログインから60日間有効)


いや70%OFFて。めちゃくちゃ安いな!スタンドも月までブッ飛ぶこの激安クーポン、使えるときに使ってお得に『光が死んだ夏』を読んじゃいましょう。

②Amebaマンガに無料登録する

Amebaマンガは、国内No.1ブログのAmebaが運営する 会員数600万人突破・250社以上の出版社より、100万冊〜の電子コミックをお届けする 日本最大級の電子コミックサービスです。

定期的に半額クーポンが配布されたり、月額プラン加入で更にお得に買えたりするグレートなサービスが満載なAmebaマンガ。他サイトでお得なプランが見つからない場合は、ぜひAmebaマンガに登録して『光が死んだ夏』を探してみましょう。

【光が死んだ夏】のまとめ

以上が『光が死んだ夏』の漫画紹介でした。表紙の爽やかさとは裏腹にバチバチのホラーと切なさや愛しさが渦巻く本作品。少しでも興味がある方はぜひ読んでみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました!

光が死んだ夏って結局どんな漫画?
  • 「ヒカル」という謎の存在とよしきの関係から目が離せない
  • 怪奇現象の謎を追うミステリーと迫りくる霊の恐ろしさが面白い
  • 「洒落怖」的な話が好きな人にオススメ
  • キャラ同士の掛け合いが面白い

コメント

タイトルとURLをコピーしました